海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持っていると安心です。

MENU

海外旅行保険について

海外旅行保険証

海外旅行に行く際は海外旅行保険を利用できる環境を必ず作ってください。

 

損保会社の海外旅行保険に加入する方法もありますが、保険料が高額になるので海外旅行保険付きのクレジットカードを利用するとお得です。
海外旅行前にクレジットカードの見直しをする場合は海外旅行保険を重視するとよいでしょう。

 

ショッピング枠増額だけではなく、海外旅行保険に強いハイクラスカードへの切り替えも一度検討してみてください。

 

海外旅行保険の必要性

 

海外旅行保険は国内旅行保険に比べて割高です。
海外に行くと国内にはない以下の3つのリスクがあります。

 

1.健康保険を使えないので医療機関を利用すると高額請求を受ける
2.食中毒リスクが高い
3.犯罪に巻き込まれるリスクが高い

 

2番と3番は旅行先の国や地域によってリスクが変わってきます。

 

海外旅行は健康保険を利用できない問題があり、通常の医療保険・傷害保険に加入していても海外で医療機関を利用した費用は補償されないので注意しましょう。

 

数日程度の入院や、骨折などの手術を海外で行うと、全額自費で数百万円以上の請求を受けるケースがあります。

 

 

海外旅行保険の補償内容

 

保険の種類や契約内容によって異なりますが、海外旅行保険は主に以下のリスクが補償されます。

 

  • 死亡、後遺症
  • ケガ、病気を補償の入院・通院費用
  • 歯科医院での緊急治療費
  • 入院一時金
  • 救援費用
  • 賠償責任補償(第三者へ危害を加えた場合の賠償保証・個人賠償責任保険(特約)の海外旅行版)
  • ご自身の持ち物を補償(盗難、災害、破損・汚損など)
  • 飛行機関連(遅延、変更などで発生する出費)
  • 弁護士費用
  • ペット預け入れ延長費用

 

海外旅行保険に応じて項目ごとに限度額が設けられています。
最低限、身体に対する補償だけでも加入しておくことが望ましいです。

 

 

海外旅行保険料の相場

海外旅行保険付きクレジットカード

海外旅行保険に単独加入する場合、補償内容のほか行き先によって保険料が変わってきます。
クレジットカードは地域や日程を問わず、海外旅行であれば付帯保険の内容に応じて無条件で補償を受けられます。

 

先進国へ1週間の海外旅行に行った場合、大人1名の保険料は2,500~20,000円です。
クレジットカードの海外旅行保険で対応すれば、1~2万円相当の保険料を節約できるケースがあります。
最低限の補償でも良い場合や、行き先・日程によっては、わざわざクレジットカードを新しく作らなくても、1,000~3,000円程度で単独加入できる場合もあります。

 

状況によっては、海外旅行保険だけを目的に年会費のかかるクレジットカードを発行して、支払いが終わってから解約しても海外旅行保険に単独加入するより安くなるケースがあります。

 

海外旅行保険が充実しているクレジットカードは、その他の付帯サービスや限度額設定などのスペックなどが充実しています。

 

ポイント還元やその他の付帯サービスで、どれだけお得に使えるか計算して海外旅行保険に強いクレジットカードに切り替えるべきか検討してみてください。

海外で強いクレジットカード