クレジットカードのショッピング枠を増額させる方法や審査についてまとめました。

MENU

増額への審査

 

クレジットカードのショッピング枠増額審査は、カード会社による自動審査利用者からの申請による審査の2種類があります。
自動審査を行うかはカード会社やカードの種類によって変わってきます。

 

お金が増額していく図

クレジットカードは新規発行時には利用実績がないため、限度額を低めに設定されています。
カード決済と期日内に滞りなく返済した実績を残していくと、カード上限額の範囲内で増額が可能になります。

 

自動増額審査の行われているカードも多いので、申込時は30万円程度の限度額に設定していても、知らないうちに100万円以上へ増額されているケースはよくあります。

 

まずは、カード明細、Webマイページ、コールセンターへの問い合わせなどで、今現在のカードの限度額がいくらに設定されているのか確認しましょう。
また、カードごとに増額の上限が決まっています。上限を超える限度額希望の場合は、カードを切り替えるか増やして新しくランクの高めのカードを発行するしかありません。

 

増額の上限については、コチラのページで詳しく紹介しています。

増額の上限

 

 

増額審査の方法

 

自分から申請して限度額増額審査を受ける場合はWebマイページコールセンターを通じて手続きします。
コールセンターの電話番号はカードの裏面に記載されていることが多いので確認してみてください。
ショッピング枠の増額審査であれば、書類のやり取りなしで手続きできるケースも多いです。

 

希望限度額を伝えると審査が行われ、審査時間と手続き時間を合わせて平均で3週間前後の時間がかかります。
カード会社ごとで手続き方法の異なることもあるので、まずは問い合わせから始めてください。

 

 

増額時の審査ポイント

 

ショッピング枠を増額するときの審査ポイントは以下の2点です。

 

カードの利用履歴(実績)
信用情報機関の情報確認

 

新規申込審査では、収入や勤務先、雇用形態を重視されますが、増額の場合で重要なのはカードの利用履歴です。

 

カードを発行して間もない場合や、普段ほとんどカード決済しない場合は高収入でも増額審査に落とされてしまうことが多いです。
増額審査を自分から申込すると、年収や勤務先に変化があったか確認されます。
無職で安定した収入のない状況を素直に伝えるとシビアに判断されますが、自営業になったり転職して正社員ではなくなったり、年収が下がってもカードの利用実績があれば審査に通る可能性はあります。

 

信用情報機関はカード申込時やローンを組む際に、申込者の借入情報を共有するもので、他社のカード支払いやローン返済で返済遅延、借り倒しなどの事故情報があると増額審査は認められにくいです。

 

 

増額よりも増枚の方が審査は緩い

 

自動審査の行われるタイプで、自動増額されていない、もしくは発行時よりかは増額されているけど希望額に足りない場合は、増額審査よりも新たにカード発行して増枚する方が審査に通りやすいです。

 

クレジットカードは利用するほど、代理店(カード決済できるお店)から手数料収入を支払われてカード会社の儲かる仕組みです。
カード会社は既存利用者の限度額を増やしてたくさん使ってもらうことよりも、新規会員を増やすことに力を入れています。
海外旅行で限度額を多めに設定したい場合は、限度額増額だけではなく新たにカードを発行する方法もオススメです。

 

増枚するときにキャッシング機能を付けなければ審査はさらに通りやすく、安定した収入があって信用情報の問題さえなければ高い確率で審査に通ります。

 

限度額30万円程度でも、もう1枚クレジットカードを作っておけば、海外旅行でイザという時に役立ちます。