ショッピング枠を増額する事でクレジットカードがよりお得に使えます。

MENU

増額によるメリット

 

クレジットカードの限度額を増額すると、海外旅行以外にもたくさんのメリットがあります。
ショッピング枠は多ければ多いほどメリットが大きくなります。
キャッシュレス化が進んでいるので、将来的にもカード決済の利用頻度は増えていく可能性が高いです。
増額できるのであれば、なるべく高めに限度額設定しておくことをオススメします。

 

基本的に限度額はカード会社独自の審査により決定しますが、特定の用途によって増額が可能となる増額対象の項目をもうけています。
事前にカード会社に申告することにより限度額が増額できることもありますし、ぜひ知っておきたい知識です。

例外による増額対象とは

 

ポイント・マイルを貯めてお得に利用できる

 

大量にあるポイントお金

クレジットカードは利用金額に応じてポイントやマイルが貯まります。
なかには普段の買い物でマイルを貯めて、お得に海外旅行を楽しんでいる人もいます。
商品の購入やサービスの利用決済のほとんどはカード払いでも手数料を取られません。(飲食店など一部でTAXを取られることもあります)
一括払いをすれば利息もかからないので、カード決済は現金に比べてコスト的なデメリットはなく、ポイントの貯まる分だけお得です。

 

たとえば、限度額を高めに設定していれば、航空券や旅行会社に払うツアー代金をカード決済で払える場合もあります。

 

20万円の決済で1%のポイント還元があれば、それだけで2千円分のポイントを付与されます。
年間を通じてカード決済を増やしていけば年間数万円分の恩恵を受けられます。
ポイントの貯まりやすいカードやボーナスポイントのあるサービスを上手に活用すれば、さらにお得に利用できます。

 

 

口座引き落としをするならカード払い

 

クレジットカードは一般的に口座を設定して、決済した代金を月に1回のペースで口座から自動引き落としで支払います。
カード払いと口座引き落としの双方に対応しているサービスであれば、支払いの流れは変わらず、ポイントの貯まる分だけカード払いの方がお得です。

 

カード払いできるサービスの一例をご覧ください。

 

  • 携帯電話料金
  • ネットのプロバイダ料金
  • 電気代
  • 自動車保険
  • 火災保険
  • スポーツクラブの会費
  • 定期購入している通販の商品
  • 各種会員制サービスの会費
  • 定期券など公共交通料金(交通系電子決済サービス)

 

日常生活の中で必要な各種支払いをカード払いにまとめていくだけでもポイントを効率的に貯められます。

 

多くの人は、歳を取るに連れて毎月の支払いとカード払いする決済が増えていきます。
将来のことを考えてもショッピング枠は多めに設定しておいた方が安心ですし、使い過ぎないように低めの限度額に設定しても、いつかは対応できなくなってしまうことがあります。

 

引っ越しする時にカードは大活躍する

 

引っ越しをすると家具や家電を買い直したり、買い増しすることも増えます。
家電量販店、家具の販売店、リサイクルショップなど複数のお店を回って必要なものを揃えるので、その都度お金を引き出して現金払いするのは手間がかかります。

 

カード払い単価の大きいものを買えばポイントも一気に貯まりますし、大きな出費で支払いがきつくなれば分割払いにすることもできます。

 

借金する機会を減らせる

 

ショッピング枠には分割払い機能が付いていて、リボ払いのように月々1万円ほどの定額払いの支払い方法も人気です。

 

利息がかかるので、なるべく利用しないことをオススメしますが、いざという時にショッピング枠の多いカードを持っておくと、柔軟な対応ができます。
カードの分割払いも金利に応じた利息が取られるので、お金に困ったときに消費者金融や銀行からお金を借りることに比べてコスト面のメリットは限定的です。

 

しかし、新規にキャッシングサービスで借入をする際は、審査を受けて契約手続きをするなど面倒なことが色々ありますし、職場の在籍確認が取れなくて即日入金できる借入サービスでも数日待たされることがあります。
クレジットカードの分割払いを活用して現金を手元に残す方法で対処できれば、手間はかかりませんし在籍確認や契約書類を通じて周囲に借金のバレるリスクを緩和できます。

 

現金の必要なときは手数料を取られますがショッピング枠を現金化してくれるサービスもあります。
お金に困った場面でショッピング枠の大きいクレジットカードは役に立ちます。