海外でショッピングをする際に便利な英語・フレーズをご紹介します。

MENU

海外ショッピングでよく使うフレーズ

 

英語をしゃべれない人は海外では言語の壁があります。
しかし、ショッピング程度であれば、よく使うフレーズさえ覚えていれば大体のことを対処できます。

 

海外ショッピングでよく使うフレーズを教える教師

 

一番活用頻度が多くて便利なワードは「This one(ディス ワン」です。
和訳すると、「これください」という意味になります。
レストランなどメニューが並んでいる時は、メニューを指差して「This one」と言えば注文できます。

 

読める内容でも日本と海外では発音が違います。cola(コーラ)のように比較的通じやすいものもあれば、 hamburger(ハンバーガー)のようにカタカナ読みだと通じにくいワードもあります。

 

This oneのほかにも海外ショッピングでよく使うフレーズをまとめました。

 

挨拶

英語であれば、ハロー、ハーイなどがあります。
お店に入ると挨拶されることが多く、外国人旅行客でも挨拶くらいは返してあげた方が印象が良いです。
最低限の挨拶くらいは簡単なので、英語圏以外の海外旅行でも覚えておいて、お店に入って店員と顔を合わせたら自分から挨拶するくらいの気持ちを持ちましょう。

 

見ているだけです。

日本でもよくあるシチュエーションですが、ウインドウショッピングで商品を見たいだけなのに店員が寄ってきて売り込まれることがあります。
海外で買う気のないときに店員が話しかけてきたら、次のように答えましょう。

 

「I’m just looking  / アイム ジャスト ルーキング」
「browsing. Thank you / ブロゥシング サンキュー」

 

どちらも「見ているだけなので大丈夫です」という意味になります。
言葉が通じないと店員が勘違いして購入手続きに進んで、断ることができずに買ってしまうケースも多いです。
購入意思のないことを早めに伝えることが大切です。

 

店員を呼ぶ

「Excuse me (エクスキューズミー」は和訳すると「すいません」という意味です。
日本語で例えると、謝るときのすいませんではなく、店員さんを呼ぶ時のすいませんという意味で、街中では「ちょっといいですか?」という意味になります。
街中で突然、道を聞いても言葉が伝わらないと「何を言っているんだ?」などと趣旨を理解されずに冷たい対応を取られます。
冒頭でExcuse meと言えば、何か困っていて、聞きたいことがあるという意思表示になるので親切な対応を受けやすくなります。

 

値引き交渉

プライスダウン、ディスカウントなどの単語で値引き交渉することもできます。
ただ、日本にいて外国人観光客から「安くしろ」って言われた場合、日本語を理解していないにしても良い気持ちはしませんよね。
丁寧に値引き交渉をする場合は「Could you give me a little discount (クッドッユー ギブ ミー ア リトル ディスカウント)」といえば、丁寧に「もう少し安くしてくれませんか?」という丁寧語で値引き交渉できます。
市場や個人店の雑貨屋では値引き前提の価格設定をしているところもあります。