ランクを上げてキャッシュカードの利便性を向上させましょう。

MENU

増額の上限

 

増額の上限はカードの商品によって変わってきます。
基本的には年会費と連動していて、ランクの高いカードになるほど限度額の上限は高額になります。
最高スペックのカードでは限度額無制限で、その気になれば数億円の買い物をできるようなタイプもあります。
一般的なカードの限度額の上限は以下のとおりです。

 

カード額増減の目安

学生向けカード:30万円
家族カード:30万円
年会費無料のカード:50~100万円
年会費3千円以下のカード:80~100万円
年会費5千円から2万円のゴールドカード:200~300万円
年会費3万円~10万円のプラチナカード:300~1,000万円
年会費10万円以上のハイスペックカード(ブラックカードなど):1,000万円~無制限)

 

上記はあくまでも目安です。お持ちのカードのコールセンターでの確認や商品パンフレットやホームページから上限限度額を確認しておきましょう。
どれだけ審査で評価の高い人でもカードの上限設定を超える増額は不可能です。

 

希望限度額が上限を超えている場合は、ゴールドカード以上への切り替えも検討しましょう。

 

 

新規申込時は限度額を低めに設定される

 

クレジットカードを新規で発行する際は、カードの上限限度額が適用されることは少なく、低めの限度額を条件にすることが多いです。
年会費無料や3,000円以下のエントリーカードでは30万円程度に設定されていることが多いです。

 

たとえば最高限度額200万円のゴールドカードに切り替える場合でも、最初から200万円に設定できない可能性が高いです。
海外旅行に行くにあたって新しいカードを作るときは発行当初の限度額を確認しておきましょう。

 

今まで使っていたカードと同じ会社のカードをアップグレードすれば、純粋な新規よりも限度額を優遇してもらえます。

 

 

キャッシング枠の増額は50万円以上になると面倒

 

50万円以上の札束

ショッピング枠は限度額を増やすにあたって法律による制限が少なく、カード会社独自の審査のみで対応できます。
年収が低くてもカードの利用実績が豊富であれば数百万円の限度額に対応できます。
同じクレジットカードでもキャッシング枠になると、貸金業法による総量規制の影響を受けます。

 

法律の影響があるため、ショッピング枠は数百万円に設定している人でも、キャッシング枠は30万円程度の状態を維持している方が多いです。

 

総量規制では50万円以上の限度額設定をする際に収入証明の提出を義務付けています。
ショッピング枠の増額は書類提出なしで、過去の利用実績を考慮されて審査されるので、キャッシング枠増額はショッピング枠増額に比べて手間がかかります。

 

また、年収の3分の1を超える借入を禁止しているので、年収が低いとキャッシング枠の限度額を高めに設定するのは困難です。
年収と借入額は1枚のクレジットカードだけではなく、他の借入も合算されます。

 

たとえば、キャッシング枠30万円のクレジットカード2枚に端末代10万円のスマホを分割購入していたら、借入額は70万円に扱われるので年収は210万円以上必要です。
キャッシング枠を増額すると、総量規制の影響で、他の借入審査や新たにカード発行するときの審査が不利になります。

 

ショッピング枠は増額してもデメリットは少ないのに対して、キャッシング枠は増額するにあたって発生する問題の多いことを覚えておきましょう。