海外ではクレジットカードを活用して、交通費や買い物などに使う小額の現地通貨を持ち歩きましょう。

MENU

海外旅行で持ち歩く現金について

海外旅行で持ち歩く現金

海外旅行での支払いはクレジットカードをメインにして、持ち歩く現金を必要最低限に抑えるのがセオリーです。
海外は日本よりもキャッシュレス化が進んでいますが、全ての決済をカードで行えるわけではありません。
国内旅行で見ても、観光地では現金払いにしか対応できないサービスやお店が多数あります。
海外旅行で必要になる現金は、旅行プランと海外キャッシングの利用可否で異なります。

 

1日に必要な現金

旅行先やプラン、求める品質によって必要な現金額は異なります。
パッケージツアーで、一部の自由時間しか現金を使う機会がない場合1日5千円相当の予算があれば十分です。

 

チップを払う文化がある所は、1ドル札など細かい現金を多めに用意しておきましょう。

 

東南アジアの市場(夜市)などを観光したい場合は、現金払いが中心になります。
食事だけなら1日数千円で対処できますが、市場などでお土産もたくさん買いたい場合はまとまった現金が必要です。

 

航空券とホテルのみを予約して、自力で観光する場合は、移動にかかる交通費を考慮しないといけません。
タクシーや公共交通機関は原則カード決済対応ですが、一部で対応していない所もあります。
自力で移動するプランであれば、余裕を持った予算を見ておく必要があります。
タクシー代の相場など、必要になる交通費を事前に調査して、計画的に現金を使うようにしましょう。

 

海外キャッシングの利用可否

外貨両替できる場所は空港、現地の銀行など限られているので、出発前の空港などでまとめて外貨両替しておく必要があります。
クレジットカードの海外キャッシングであれば、カードブランドに対応したATMから必要に応じて現金を引き出せます。
海外キャッシングは多くのクレジットカードに付いていますが、リボ払い限定で繰り上げ返済できないという契約条件がつくカードもあります。
また、クレカの海外キャッシングの他にも国際キャッシュカードでATMから現金を引き出せる場合があります。

 

海外キャッシングの条件が良いクレジットカードを持っているのか?
また、身近にATMがある都心部の観光なのか、郊外の観光なのかなど、海外キャッシングの可否によって、持ち歩く必要のある現金額が変わってきます。
ちなみに、海外キャッシングに強いおすすめクレカはエポスカードです。

 

現金を多めに持ち歩く場合は、複数箇所に隠す

海外旅行を楽しむ夫婦

旅行では、普段は引き締めている財布の紐を緩めて思いっきり楽しみたいと思うものです。
慣れていない海外であれば現地で外貨両替や海外キャッシングするのが面倒で、多めの現金を持っていないとストレスに感じてしまうものです。
滞在先や滞在日数によっては、最低限必要な現金だけでも高額になるケースもあります。
持ち歩く現金が多い場合は、一部を盗まれても対処できるように、財布以外にも複数箇所に分けておくと安心です。

 

海外ではグループによるカバンごと狙った犯行や、カバンにナイフで穴を開けて財布を抜き取る悪質な犯罪事例があります。
上着を着る気候であれば、上着の内ポケットに入れておくと安心です。
安全に現金を隠して持ち歩ける環境を作れるかどうかで、多めの現金を持ち歩くリスクが変わってきます。